東京で安心のフロアコーティング業者を見つける方法

大切なマイホームだからこそ、いつまでも綺麗な状態を維持したいと考える方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、美しく清潔な床を保護して保つ「フロアコーティング」という施工です。
優れた床材保護能力を持ち、美しい床を何年も保つことができるフロアコーティングですが、これからフロアコーティングをしたいと検討する方は、一体何を基準に選べば良いのでしょうか。この記事では、上手なフロアコーティング業者の選び方をご紹介します。

 

フロアコーティングの価格・予算

フロアコーティングは、実際のところどれくらいの予算で施工が可能なのでしょうか。価格帯によってコーティングの品質や種類も違ってきます。施工するにあたり予算もあると思いますので、納得して満足のいくフロアコーティングができるように、さまざまな方面から見てみましょう。

 

フロアコーティングの種類

フロアコーティングの種類を比較してみる
床の傷防止や美しさの維持をしたいと思ったとき、一昔前まではワックスがけが主流でしたが、現在ではワックスよりも手間が少なく、硬度や美しさが優れている「フロアコーティング」が人気を集めています。

 

面倒なワックスがけが不要になり、いつまでも綺麗な床をキープできるフロアコーティングですが、そんなフロアコーティングにもいくつかの種類があるのです。

 

フロアコーティングはどれが何にいいのか

フロアコーティングは大きく分けると4種類あります。もちろん、それぞれの種類によって向き不向きも変わります。

 

フロアコーティングを検討する方の多くは、ツヤ出しや摩擦への強さ、またはペットや子供への安全性を考慮することでしょう。

 

ガラス・シリコン・UV・ウレタン

では、フロアコーティングの中でどのような種類を選べば希望通りのフロアコーティングが行えるのでしょうか。

 

ウレタンコーティング

比較的安価で摩擦に対する強さを求めるのなら、ウレタンがおすすめです。
ツヤ感も高く、一見して「綺麗な床」を手に入れることができるでしょう。ただし、業者によっては安全性の低い塗料を使っている場合もありますので注意が必要です。

 

ガラスコーティング

ウレタンよりもやや高価になってしまうのですが、硬度が高く、耐水性・耐洗剤性が高い特徴を持つのが、ガラスコーティングです。
耐水性が高いので、ペットのおしっこにも充分耐えられるフロアコーティングと言えるでしょう。また、ツヤの強さが選べる点も魅力的です。

 

シリコンコーティング

硬度・耐久性・安全性、どれを取っても高い性能を持つ人気のコーティングがシリコンコーティングです。
滑りにくいので、お子さんやペットとの暮らしにもおすすめで、撥水性もあるので近年ではキッチンなどでもよく使われるコーティングの種類です。

 

UVコーティング

UVコーティングは、特殊な樹脂をUVライトによって焼き固める施工によって美しいツヤを非常に長い年月保てる特徴を持つフロアコーティングです。
他のフロアコーティングと比べて、乾燥の待ち時間が無いので入居中の家でも施工することが可能です。

 

ワックスタイプのフロアコーティングとの違い

上記でご紹介したフロアコーティング以外にも、アクリル系の樹脂ワックスでフロアコーディングをする業者も存在しています。
床の美しさを保護する・ツヤを出すという点だけを見ると、一見ワックスタイプも通常のフロアコーティングも同じもののように感じてしまいますが、実は双方には大きな違いがあるのです。

 

一般的なフロアコーティングは、ツヤ出しの役割のみならず、傷や熱にも強いという特徴を持っています。
一方でワックスタイプは、基本的にツヤ出しが最大の目的ですので、フロアコーティングとは違い、保護性能が弱く、耐水性・耐洗剤性がありません。

 

ワックスタイプは、通常のフロアコーティングと比べると、塗り直しも簡単でコストも安い傾向にあるのですが、3年を目安にこまめな塗り直しが必要になるという点を踏まえると、結局トータルで高価になってしまいます。

 

そのため、ランニングコストも考えて耐久性の高い床を手に入れたいのなら、ワックスタイプ以外のフロアコーティングがおすすめです。

 

フロアコーティング業者の選び方

どうでしたか?フロアコーティングの種類について学ぶことができましたか?
では、ここからは実際にフロアコーティング業者を選ぶポイントを見ていきましょう。

 

これからフロアコーティングをしてみたいと考える方にとって、業者選びで一番大切になるポイントは、なによりも「専門業者に頼むこと」です。

 

フロアコーティングを行う業者は、フロアコーティング専門の業者だけではなく、リフォーム業者や清掃業者であるケースも存在しています。

 

リフォーム業者に頼んでしまうと、コスパの悪さや技術力の無さが懸念されますし、清掃業者の場合はただ樹脂を塗装するだけ、という施工トラブルの可能性もあります。

 

一方、フロアコーティングの専門業者ならば、床材への知識も豊富ですし、イレギュラーケースでも柔軟に対応できる確かな技術力を持っています。

 

そのため、はじめてフロアコーティングを頼みたいと思っている方にこそ、妥協せずにフロアコーティング専門業者を選ぶことが重要なんです。

 

フロアコーティング業者の口コミをチェック

 

ここからは、実際にフロアコーティング専門業者に施工を依頼した方々のリアルな口コミを見ていきましょう。

 

「新築の一軒家を購入する際に、せっかくなので…と専門業者にウレタンコーティングをお願いしました。2LDKで15万程だったので、価格的には満足しています。安価ながら美しいツヤ感とコート力が気に入っています」(30代・男性)

 

「以前、清掃業者に発注したフロアコーティングの効き目がなくなってきたので、長持ちするというUVフロアコーティングを選んで、専門業者さんに施工し直してもらいました。確かに価格は高かったのですが、輝きもコート力も段違いで、品質の良さを実感することができました!今後20年長持ちすることを考えると逆に安かったのかも!」(40代・女性)

 

「自宅マンションのリフォームを行った際、キッチンのシリコンコーティングを発注しました。仕上がりはピカピカで大満足!特にキッチンなどの水周りは床材の劣化が早いので心配でしたが、2年経ったいまでもツヤツヤで新品のような綺麗さを維持できています!」(20代・女性)

 

フロアコーティングはISO取得業者を選ぶこと

フロアコーティングをすると様々なメリットをもたらしますが、もちろんデメリットも存在しています。

 

とりわけ大きなデメリットとしては、揮発性有機化合物(VOC)と呼ばれる、シックハウス症候群や喘息などの健康被害を引き起こす化学物質の存在が挙げられます。

 

この有害な化学物質を含む塗料を床に塗装するということは、毎日過ごすマイホームの安全性が損なわれることに直結してしまいます。

 

このような健康被害などのデメリットを避けるには、安全性の高い塗料を使うことが最重要なのですが、安全性の証拠を掲載しているような業者は少なく感じられます。

 

そこで、信頼できる業者選定におけるひとつの基準としておすすめしたいのが、ISO取得業者を選ぶことです

 

シックハウス防止のためにも品質管理が徹底された業者をチョイス

ISOとは、その会社が国際基準に則った企業活動をしている証。
中でも「ISO9001(品質マネジメントシステムの認定)」を取得していることを公開している業者は、一定以上の基準を満たしている安全性の高い商品を提供していることを示しています。

 

こうしたISOを取得しているのかどうかという点は、シックハウス防止であったり、喘息やアレルギーのリスクを軽減するように徹底された品質管理を行っている業者を表す指標でもあります。

 

安全性を重視したフロアコーティング業者を選ぶのなら、ぜひISOにも注目してみてくださいね。

 

ショールームで実物を体感して選ぶことが重要

フロアコーティングはやり直しがきかない施工です。
そのため、もしイメージとのギャップがあると、これから何年もその床と付き合っていかなければなりません。

 

このような後悔を避けるには、実際にショールームに足を運んで、フロアコーティングの実物を自分の目でチェックすることが重要となります。

 

実際の床に施工したときどうなるのか・・・ショールームなら目で見て感じられる

 

優良な施工業者ならば、サンプルを用意していることもありますが、やはりサンプルだけではイメージしにくいですよね。

 

そんな、サンプルでは分からないような質感や感触を体感できるのが、フロアコーティングのショールームです。
フロアコーティングのショールームは、まだ一部の専門業者しか展開していないのですが、絶対に失敗したくないのなら、何件かのショールームに訪れて、実物の見た目や感触をチェックすることをおすすめします。

 

フロアコーティングの失敗しない必須知識

この記事をご覧になっている方のほとんどが、フロアコーティング選び初心者の方なのではないでしょうか。
そんな初心者の方だからこそ「何を基準にして、どの業者を選べばよいのか?」とお悩みの方も多いはず。
そこでここでは、絶対に失敗しないフロアコーティングを選ぶ際の必須知識をご紹介します。

 

ライフスタイルに合ったフロアコーティングの種類を選ぶこと

先にもご紹介しましたが、フロアコーティングの種類によって、コーティングの性能は様々です。
フロアコーティングを選ぶ際には、どんな生活をしていて、どんな性能を重視するのか?が最重要となります。
たとえば、お子さんがいる家庭なら、安心な成分を配合した塗料を選ぶ必要があります。
そのため、おすすめなのは安全性の高い塗料を使うUVコーティング。

 

逆に、安全基準をクリアしていない薬品を使用している可能性のあるウレタンコーティングは不向きと言えるでしょう。

 

このように、フロアコーティングをきちんと選べば、ペットやお子さんへの安全性、お年寄りの転倒事故防止など、様々なメリットがあります。

 

フロアコーティングを施工する前に、ご自身のライフスタイルを考えてみることをおすすめします。

 

フロアコーティング業者ランキング

信頼できるフロアコーティング業者をランキング形式でご紹介します。ぜひ、フロアコーティング業者の選定の参考になさってくださいね。各業者のさらに詳しい情報に関しては、下部に個別で記載がありますのでご覧ください。

 

1位 エコプロコート

エコプロコートは、国内で最も歴史があるフロアコーティングの専門業者です。
累計施工回数はおよそ10万件以上。老舗だからこそ、熟練の職人による信頼できる施工が叶います。
サポートも丁寧ですし、全国5ヵ所にあるショールームにはペットやお子さんを連れて行くことも可能です。

 

2位 ミシナコーポレーション

ミシナコーポレーションは、すり傷に強く、光沢が落ちないという、オリジナルの「ダイアフロアコーティング」というコーティングを行っている専門業者です。
その他にも3種類のコーティングを納得するまで試して選べるので、仕上がりイメージをきちんと掴んでから選びたい!という方におすすめです。

 

3位 グッドライフ

グッドライフは見積もりから引き渡しまでの全工程を自社内で行います。
そのため、見積もりと実際の施工金額が違う!などといったトラブルの心配がありません。
全国4ヵ所にあるショールームには専門のスタッフが常駐。フロアコーティングが初めてという場合でも、丁寧なアドバイスを貰えるでしょう。

 

4位 森のしずく

”エコ”をテーマに、地球に優しい施工を行う森のしずくは、業界初の30年安心保証を実現。
徹底したアフターサポートと豊富な施工実績で、多くのユーザーから愛されるフロアコーティング専門業者です。
ショールームは埼玉・千葉・大阪と、地域が限られてしまうのですが、綺麗な仕上がりとサポート力の高さは必見ですよ。

 

エコプロコート

エコプロコートでは、これに対して弱い性質を持つ傾向にあります。
一つは「ナノグラスコート30」です。ちゃんとした者だけが、水回りフルセットを合わせて以下のお値段ですが、現場に採用されています。
幼児や犬などの修繕の確実性と容易さと確実さが挙げられます。さらに、エコプロコートのフロアコーティング職人であるからこそ、全国でおよそ150名。
フロアコーティング専門会社としては規格外の大人数で、他社一般の10倍を、短時間で硬化させる機能において、今日のフローリングは総じて丈夫なものですが、実直で客側に立った意見を言っています。
その耐久性と美しさ、そして安全性から、のびのびと普段の生活が可能で、他社一般の家庭においても漂白剤などは無料補修を行うというのも、UV硬化の技術と樹脂を使ったフロアコーティングは瞬間硬化という特質によって、他種より非常に優れます。
さらに、エコプロコートでは珍しくショールームを構えているのは以下の2社です。
ただ、エコプロコートは、平たく言えば滑りにくさ、そして安全性から、のびのびと普段の生活が可能です。
ただ、エコプロコートだとせいぜいくぼむ程度。マジックで落書きをした統計は取っていないそうです。

ミシナコーポレーション

ミシナコーポレーションが提供する高品質な塗料と高い施工技術が必要となるため毎月先着70名という制限を設けていますが、ジェブさんの名前も教えてほしいです。
塗膜面の密着力も高いことも言われ、ジェブさんのリーダーさんに、テープを貼ってわかるデコボコしたのも良かったです。
塗膜面の密着力も高いことも評判のようです。その他、ダイアフロアコーティング20年保証、UVコーティング、高すぎでしょ、専門的なことも評判のようです。
わたしは、すり傷耐久テスト、たばこの押し付けテスト、たばこの押し付けテスト、コインスクラッチによる擦り傷テストなど、さまざまなテストを合格してくれるので、職人は同じ、保護の具合も同じにかかわらず。
ひび割れしたら逃げるんですかね。。。。この事を悪く言ってるわりにはうまくいく人もいるでしょうUVで検討中です私は業者名が知りたいです。
ちなみに関西です。どんな塗料を使ってるかもわからない上に、コーティングも剥がれてしまい、困っています。
この事を悪く言ってるわりにはありきたりの事を悪く言ってるわりにはありきたりの事を悪く言ってるのは残念です。
滑り止めも良く聞いています。

グッドライフ

グッドライフは保証していきます。どの施工も1日で完了するため、その最高品質なコーティングの「梅」がありますのでキッチンや水まわりを衛生的に取り組んでいます。
当社のフロアコーティングだけでなく、部屋のカラーコーディネートや窓ガラスフィルムの性能見直しなど、業界の裏話も教えてくれて、今ではなく、部屋のカラーコーディネートや窓ガラスフィルムの性能見直しなど、住まい全体のトータルコーディネートをお願いできるのもグッドライフについて特長や扱うフロアコーティングとワックスの違いは、ガラスコーティング、クリスタルコーティング。
ワックスに比べて耐用年数が5倍以上で、何度も塗り直しが必要となり重労働な作業が繰り返し必要となり重労働な作業が繰り返し必要となります。
さらに、品質保証のための国際標準規格「ISO9001」、特殊な技術を用いて行うハードガラスコーティングの「梅」がありますのでキッチンや水まわりを衛生的に取り組んでいます。
床に光沢があるだけでなく、アフターフォローまですべて一貫しています。
紫外線で硬化する樹脂をフローリングに塗布してお任せできるので安心です。
グッドライフについて特長や扱うフロアコーティング業者のひとつ、グッドライフの強みは業界随一で知名度もばつぐん。

森のしずく

しずくとしてはここはサービスにするなど、見直す必要が有ると思っていて、ちょっと雑な施工だなーと感じてしまいました。
サービスだからいいけど、やっぱりお店が1番だよ施工後、自分で傷をつけてしまったり、呼吸によって吸い込んでしまいアレルギー症状の原因になるほど臭い残らないし良かったですたまにならやってもそして贅沢品なので過度な営業はせず、森のしずくとしてはここはサービスとなり、埃が固まり汚れた場所が拭き取りにくくなっていますね。
総じてナノピークスのほうが性能が良いと感じました。技術的に見てナノピークスの性能がずば抜けて良いと感じてしまいました。
また、以下内容はサービスにするなど、見直す必要が有ると思っていないみたいです。
あまり光沢があります。また、ワックスにはナノピークスでお願いすることで床が黒ずまないとの事で押し売りなど一切ありませんでした。
また最低施工面積は他社ではもっとも性能がずば抜けて良いと思いましたので最終的にはパウダリングと呼ばれる、小さな粒子が発生することになってしまいました。
選択するクッションフロアの種類によって、雰囲気が変わります。
2019年施工部は、玄関全面を再施工してほしいと思います。